2015年01月24日

オススメ FX 手法 B

オススメ手法B

ピーターべインのトレード戦略
FXトレーダースクールを主宰、ピーターべイン氏が提唱する80のトレード戦略の概略を紹介。

1−10


@.FXの初心者は、トレードに慣れるまでは、1セッション当たり20pipsで手仕舞い、これを遵守。
A.15分足の観察に最も時間を費やす。
3.トレードを開始する前に、まず1時間足を見て全体的なトレンドの流れを把握する。
4.15分足を見ている際に何が背後で行っているかを把握するためにのみ5分足を見る。
5.5分足だけを注視しないこと(ノイズが多い)。
6.1時間足でのMACDが切りあがっているが、15分足で切り下がっている場合に注意する。それは将来の動きに対する何らかの合図。
したがって、現在(15分足で)起こっていることに関心を払う。
F.15分足でのMACDが下降しているにもかかわらず、値が上昇している場合は、遅かれ早かれ、価格も下降に転じる場合が
(逆も同じ)。これはピボットなどの節目に値が反応しているため。
G.MACDは反応が出るのが遅いため、ディバージェンス(値動きとインジケーターの不一致)の確認にのみ利用し、売り、買いの
シグナルとして利用しないこと。
9.MACDのディバージェンスは1時間足よりも15分足の方でよく見られる。
10.20〜30pipsのストップロスを使うこと。10回のトレードのうち3回は負ける。1回当たりの損は20〜30pipsに抑えること。

以上、お試しあれー
posted by agehatefu at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。