2012年08月13日

スワップただ獲りとは?

まず、スワップについてカンタンにご説明します。
FXにおけるスワップ=金利の高い通貨と金利の低い通貨の金利差
です。たとえば日本円建てで豪ドル円を買う(ロングすると言います)と一日一万通貨(最低取引単位)あたり80円程度(8月13日現在)もらえます。逆に豪ドル円建てで日本円を買う(ショートすると言います)と一日あたり80円程度払わされることになります。

この○○円程度〜というのはFX業者が各自自由に決められます。
例えば現在A業者で豪ドル円をロングすると1日当たり85円もらえて、B業者で豪ドル円をショートすると1日当たり65円取られます。
つまり、A業者でロング&B業者でショートを同時に行えば85−65=20円が毎日ただ取りできるということです。相場がどう変動しようと片方の口座の残高が増えてもう一方の口座の残高が減るだけで、通算すると資産の増減はありません。スワップ差益分の20円が増えていくだけです。
豪ドル/円の一万通貨の取引をするのに必要な金額(証拠金)はFX業者にもよりますが32000円程度です。

気をつけるべきことは
@片方の口座のお金が減りすぎると強制ロスカットを食らってしまう
Aスワップは時々見直しがある。
この2点です。

例えば、豪ドルは現在82円程度ですが、これが急変して85円になったとします。
一万通貨両建てしていれば、3×一万=三万円口座のお金が動くことになります。
業者にもよりますが、最低でも必要証拠金(32000円)の5割程度は維持していないと強制決済を食らいます。つまり、両方の口座の32000円しか入れていなかったと過程すると片方の口座は62000円に、もう片方の口座が2000円しかなくなってしまうため、強制的にロスカットされてしまうということです。
なので、強制決済を食らわない程度に余裕を持って資金を投入しておくことが大事です。
例えば一万通貨の両建てをしたいならそれぞれの業者に相場が3円動いても(豪ドルが一日で3円動くっていうのは凄まじい大事件でも起こらない限りありませんが)必要証拠金の5割を維持できる程度の金額を入れておくことです。
「口座のお金が偏ってきちゃったな〜」と思ったら多い方の口座から少ない方の口座にちょこちょことお金を移動します。FXの場合、殆どの業者が入出金手数料無料なので遠慮なく出し入れ出来ます。まあそこまで頻繁に変動することも無いですけどね。

posted by agehatefu at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。