2012年08月13日

S(ストップ)高S安比例獲り

比例配分とは何か?mudai.jpg百聞は一見に如かずということで、画像を見て下さい。

値幅制限いっぱい(S高)のところに、いっぱい買い注文が集まっています。業績上方修正や好決算など、好材料が出ることによって起こる現象です。
特にこの画像の左側。たった40株の売り玉に対して27万株もの買いが入っています。この株をゲット出来れば翌日も凄まじい上昇が期待できます。
ではどうやってゲットするか。
答えはカンタン。
なるべく早く、成り行きでいっぱい注文を出す」です。

以下、一応仕組みを説明します。ナナメ読みでもOKです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
S高(安)に張り付いた株をゲットしに行くこと≒「比例配分に並ぶこと」です。
比例配分=成立した株数を各証券会社からの発注数量に比例して配分することです。
売り玉の枚数(S高の場合)が買い注文を出している証券会社より少ない場合比例配分なし。
たとえば売り玉が40枚で注文を出している証券会社の数が50社だと比例配分なしです。
比例配分なしになりそうなS高というのは、買い注文が少ないため翌日もあまり上昇が期待できません。むしろ下がるかも知れません。私の場合そんな銘柄は最初から無視します。
S高の場合、圧倒的に買い玉が多い場合でなければ注文を出す価値すらありません。
比例配分は、各証券会社によって細かい違いこそありますが

・執行条件(成行>引成>指値)
・注文時間(早い人>遅い人)
・合計注文株数(多い人>少ない人)

この3つの要素でゲットできるかどうかが決まります。
つまり、「なるべく早く、成行で、いっぱい注文を出す
というのがキモになってくるという訳です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ここから先は注意点。
では、(S高の場合)買い玉が売り玉より圧倒的に多ければどんな銘柄でも無条件で素早く限界まで買い注文を入れていいのか?と言うと答えはNOです。
たとえば「なんでこの銘柄材料も無いのに上がってんだ?」という銘柄がS高になっていることが毎日のようにあります。これは「お金持ちが仕掛けるマネーゲーム」と私的には解釈しています。S高にする日より1週間ほど前から少しずつ少しずつ目立たないように株を集め、いざ当日になったら大量の買い注文を入れてS高に張り付かせて大量の比例買い注文を誘い、翌日さらに高くなったところで売りぬけるという戦法です。
この場合、株を大量の集めたお金持ちの気分次第で比例買いを入れている人達の運命が決まります。
お金持ちが「なんか思ったより買い注文の集まり悪いし明日まで持ってるの怖いな〜、もう全部売っちゃおう!」と思ったら地獄。S高に張り付いていた大量の買い注文が消え、パニックになった人たちが一気に売りまくります。当然株価は大暴落。暴落に気付いた時には比例狙いで何百株も入れていた注文が全て約定した後で、背筋の凍るような含み損を抱えて途方に暮れている・・・。
こんなシナリオが本当に起こりえます。
なので、

良い例
・上方修正
・好決算
・好材料

等の明確な材料によって発生したS高(安)のみ狙っていくのが無難です。

悪い例
・買い玉が少ない
・なんで上がってるのか分からない
・上方修正は出たけど、もう3日連続S高でそろそろヤバそう
・日中チャート見たらS高に張り付いたり剥がれたりを繰り返してる

こんな時はNGです。逆に言えば、これだけ気をつけていればほぼ大丈夫です。
大量の買い注文を残してS高に張り付いたまま引けた銘柄の翌日始値は、高い確率で大幅上昇します。稀に地合い(NYダウが大幅下落など)の関係で下落したりもしますが。
私は毎日のように舌舐めずりしながらS高(安)に張り付いた銘柄を監視しています(笑)
いつも本当にお世話になっています。
このサイトでも随時ザラ場中の張り付き銘柄を紹介していく予定です。









posted by agehatefu at 13:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。